仙台で医師が精神科から内科へ転職する長所と短所とは

仙台で医師が精神科から内科へ転職すると、夜勤ができる、給料が増加、派閥に参加可能などの長所が存在します。

例えば仙台にある精神科の病院から、内科のある大きな病院へ転職したとします。すると規模が大きいことから、救急指定病院になっているため、夜勤で働くことができるようになります。

初めての夜勤だった時は、緊張のあまり手が震えるかもしれませんが、仕事をこなしていけば慣れていきます。また、規模が大きい病院なので、患者を治療する機会もかなり多いです。

そのため、給料は精神科にいた頃よりも大きく上昇します。夜勤をしていた日は、日勤よりも時給を3割近く高く設定してもらえるので、頑張る甲斐はあります。

また、転職してから時間が経過すると、仙台の病院での働きぶりが真面目だった場合は、派閥へ参加することが可能になります。主に同僚の医師が誘ってくることになりますが、出世したい場合は話に乗ってみるのも悪くないです。

付合いが面倒と感じた時は、断っても大丈夫です。短所は手術をする機会がある、疲労困憊しやすいなどです。盲腸や交通事故の際の怪我の治療で、手術をお願いされることがあります。

無難に仕事をこなせば、給料に特別な手当てを加算してもらえます。手術後は疲れやすいので、看護師に頼んで仮眠をとらせてもらいましょう。

あと、内科は仕事が豊富なことから、夕方になれば疲労を感じて動けなくなることがあります。栄養ドリンクを摂取すれば疲労回復に効果的です。

type転職エージェントについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です