img_01

トイレの内壁のキズの補修

賃貸物件に入居しているときは、退去時の原状回復時に補修費用が掛からないように日ごろから注意しましょう。
賃貸物件の内装に関しては、経年劣化は原状回復義務から外されます。



ですから経年劣化の損傷や損壊などのキズは、神経質にならなくても良いでしょう。ただし入居者には報告義務がありますので、入居時に確認されていなかったキズを新しく発見したときは、まずは不動産管理会社に電話で報告しておきます。不動産管理会社の判断で、新しいキズを補修するかどうかは決められます。


不動産管理会社の判断に従っておくのと同時に、退去時の原状回復義務で問題視されないように、キズの被害が拡大しないように注意しましょう。

Youtubeといえばこちらです。

ポイントはカビやコケが発生しないように注意し、シミになりにくいように配慮することです。



トイレの内壁にキズができてしまうと、カビが繁殖してしまうことがあり、汚れが取りにくくなります。

補修工事はしなくても、汚れの除去はしておいたほうが良いでしょう。


トイレは尿跳ねが原因でシミが発生しやすい場所です。尿に含まれているたんぱく質が原因で、シミが発生します。

そこでトイレの内壁に亀裂が発生したら、木工用ボンドを軽く塗っておきます。

亀裂の内部にカビが生えなくなります。

尿跳ねによるシミも、木工用ボンドの上には発生しません。
木工用ボンドは凝固後に半透明になります。薄く塗布すれば、透明なので目立ちません。

トイレの内壁材や壁紙を傷めずに、応急処置としての補修になるので、退去時にも問題視されません。